テイカ株式会社のホームページです。


HOME会社案内沿革

沿革

1919年12月
過リン酸肥料製造の目的で帝国人造肥料株式会社を設立
1920年11月
大阪工場を建設、過リン酸肥料および鉛室式硫酸の製造開始
1938年10月
大阪工場においてルルギ式接触硫酸の製造設備を設置し、薄硫酸の製造を開始
1939年  6月
大阪工場においてフッ化物(主として人造氷晶石)の製造開始
1942年  3月
岡山工場を建設、フッ化物の製造開始
1942年  4月
社名を帝国化工株式会社と改称
1944年  6月
大和田工場(モンサント式接触硫酸工場)を買収
1945年  8月
大阪工場、岡山工場のフッ化物製造中止
1951年  4月
岡山工場において酸化チタンの製造開始
1961年  6月
大阪工場において界面活性剤の製造開始
1965年  7月
過リン酸肥料の製造中止
1967年  4月
大阪工場構内において倉庫業(船町倉庫)営業開始
1969年  4月
大和田工場構内に百島倉庫完成、営業開始
1969年11月
同和鉱業株式会社西日本硫酸センターに参加のため、大和田工場の操業停止、製造設備除去
1973年  6月
営業倉庫部門を発展的解消し、当社100%出資のテイカ倉庫株式会社を設立
1981年10月
大阪工場において縮合リン酸塩(K-ホワイト、K-ボンド、K-フレッシュ)の製造開始
1984年  6月
化学薬品の販売を主目的とし、当社100%出資のテイカ商事株式会社を設立
1989年  8月
社名をテイカ株式会社と改称
1994年  2月
大阪工場リン酸塩製品並びに岡山工場酸化チタン製品と同関連製品のISO9002規格認証取得
1996年  1月
表面処理事業の事業化に伴い、岡山工場長船分工場を建設、製造開始(現 熊山工場長船分工場)
1997年  4月
開発本部を分離独立させ、エレクトロセラミックス製品の製造販売を目的とした当社100%出資のTFT株式会社を設立
2000年  8月
大阪工場地区、岡山工場地区においてISO14001認証取得
2001年10月
界面活性剤製造のため、タイ・チョンブリにおいて
TAYCA(Thailand)Co.,Ltd.を設立
2006年  9月
表面処理事業の拡大に伴い、岡山県赤磐市に熊山工場を新設、製造開始
2014年  2月
界面活性剤製造のため、ベトナム・ドンナイ省において
TAYCA(VIETNAM)CO.,LTD.を設立
2017年  4月
三信鉱工株式会社とセリサイト製品の販売を主目的とする合弁会社 ジャパンセリサイト株式会社を設立
2018年  1月
圧電材料事業の拡大のため、TRS Technologies,Inc.の全株式を取得し、子会社化