Meddage ご挨拶

創立100周年に寄せて

テイカは、2019年12月22日におかげさまで創立100周年を迎えました。
この100年間、社会情勢や市場環境が大きく変化するなかで存続することが出来ましたのも、ひとえに関係各位のご支援の賜物と、心より感謝申しあげます。

当社は、1919年に帝国人造肥料株式会社を創立したことから歴史が始まりました。
硫酸関連技術を基盤に、酸化チタンや界面活性剤など時代や社会のニーズに合ったさまざまな化学工業製品を研究・製造・販売し、事業を拡大してまいりました。
今後も急激に進む市場の多様化に対応出来るよう、社員一人ひとりが自ら考え提案し、変化に順応できる企業となるべく、邁進してまいります。そして、次の100年も社会に必要とされる感動の"素"となる企業を目指して、事業活動に取り組んでまいります。

今後ともより一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

代表取締役 社長執行役員

あの日あの時。

1919年~1952年 1953年~1988年を見る >>

1944年6月 大和田工場(モンサント式接触硫酸工場)(大阪市西淀川区)にて濃硫酸の製造開始

1941年7月 岡山工場(岡山市東区西幸西)を建設開始

1939年6月 大阪工場においてフッ化物(主として人造氷晶石)の製造開始

1938年10月 大阪工場においてルルギ式接触硫酸の製造設備を設置し、濃硫酸の製造開始

1920年11月 大阪工場(大阪市大正区船町)が完成、過リン酸肥料および鉛室式硫酸の製造開始

あの日あの時。

<< 1919年~1952年を見る 1953年~1988年 1989年~2019年を見る >>

1984年6月 化学薬品の販売を主目的とし、当社100%出資のテイカ商事株式会社を設立

1983年7月 岡山工場にて微粒子酸化チタンの製造開始

1973年5月 営業倉庫部門を発展的解消し、テイカ倉庫株式会社(大阪市西淀川区)を設立

1967年4月 大阪工場構内において倉庫業(船町倉庫)営業開始

1965年7月 過リン酸肥料の製造中止

1956年8月 岡山工場、酸化チタン設備増強(31計画)完成

1953年5月 米国、アラバマエ科大学教授バークスデール博士を招いて酸化チタンの技術指導を受ける

あの日あの時。

<< 1953年~1988年を見る 1989年~2019年

2018年1月 圧電材料事業の拡大のため、T R S Technologies,Inc. (アメリカ合衆国ペンシルベニア州)の全株式を取得し、子会社化